いつだって自分史上最高!

アラフォー 独身 女 。幸せを求めて日々奮闘中デス

やわらか

【硬いカラダ】

とにかく私は身体が硬い。

精一杯開脚してみても、三角定規の角を全てクリアできるか怪しいところだ。

学生の頃の立位体前屈で、何度測定者の先生に2度見されたことか、、。

 

**因みに立位体前屈は平成10年で測定項目からなくなり、長座体前屈が採用されているらしい。

 

 

【お堅い少女】

高校生まで、私はいわゆる優等生タイプ、、と思われていたに違いない。

 

成績は大体上位レベル。

校則通りに、きちんと身なりを整えて、教科書が詰まった重いカバンを持って、、。  

いかにも、、いかにもである。 

 

実際は、ただ単純にそれが楽だっただけ。

 

可愛いと心が動くことよりも、

生活指導の先生や『先輩ぶりたい』先輩の目を気にする方が面倒くさい。

 

時が経つと、同級生に合わせて、そこそこの事はしてたけど、正直言うと、どうでも良かった。

多分私は心から楽しんで生きていなかったのかもしれない。

 

 

【カタサのヘンカ】

大学生活最後の年に過ごした彼は、まるで違う星からやってきたヒトだった。

子供じみたコトに『楽しい〜』と大げさにはしゃぐ彼。

ただただ物珍しく、『観察』するだけだったのだけれど、

いつの間にか彼のペースに乗せられていた。

自分の心のままに楽しむ事の素晴らしさを知った。

自分でも気がつかなかった、心の深い深いところのブロックを彼が外してくれたのだった。

 

でもその陰に隠れていた、彼の本当の弱さに気がついたのは、

一瞬で過ぎ去った2人の時間から、何度も季節の移り変わりを過ごした後のことだった。

それでも、とても繊細な地球人だったカレが、私に生きていく勇気をくれたのは間違いない。

 

【チョットやわらかなカタサ】

今の私も、一見するとチョットカタイ。

時にトゲトゲをいくつも出す。

職場ではそうやって、内側の弱い自分を守っている。

 

1人で過ごす休日は、そんなワタシを思い切り解放する。

フニャフニャのワタシ。

 

明日の朝目覚めると、いつもの仕事の日のワタシ。

でも少し変えて見ようと思い始めている。

 

トゲトゲが出そうな時には、マルを感じる事にしている。

ピンク色で、柔らかくて、いい香りがする、マルを、心の奥に探すのだ。

 

チョットやわらかなカタサ。明日からのワタシ。

 

きっとどこかで幸せに暮らしている、気づきをくれた彼に感謝デス。